まわせルーレット

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まわせルーレット

今もあの頃

「あの、腕が僕の頭に接地してるんですけど」  電車内のマナーって散々言われていても未だに悪いよね

f:id:unogemn:20170227195426p:plain

電車内でのマナーが悪い人についてはよく聞くと思うんだけど、例えば混んでるにもかかわらずリュックを背負ってるとか、入り口を塞いで開けようとしないとかさ。

 

もうあるあるでほんと今更そんなことって思うかもしれないけど、誰もがよ~く知ってるそんなことでも、じゃあ現状どうかって言ったらまだ結構いると思うんだよ。珍しくないことなんだ。聞き飽きた電車内迷惑あるあるなのにだよ!だから今回のことも言いたい。

 


その日は朝のもう9時過ぎぐらいだったのでラッシュのピークはもう終わっていて、まあそれでも座れるほどの空き具合ではなかったんだ。


立っている人もそれなりにいて、もちろん僕も立っていたんだけど。でさ、電車って揺れるから立っている人は吊り革に掴まってよろけないようにするわけだよね?知ってますよそれは。僕だってしますから。まあ両足を踏ん張って、尚且つその両足をその場で固定させたまま上半身と下半身、膝関節を巧みに動かし次の駅までは頑なに足場を動かさないことに挑戦している方もいるとは思います。


で僕の斜め後ろのおっさんなんだけど、吊り革に手を伸ばすんだよ。間違ってないよそれは、でもさその腕が斜め45度の角度でこちらの側頭部に当たってるんだよ!

いや、もしこれが満員電車で掴まる場所がなく、唯一そこのみなら100歩譲って仕方ないかとも思うよ。嫌だけど。


でもそうじゃないわけ!そのおっさん側に掴めるのがあるのに敢えて僕の頭上の吊り革を掴むんだよ!ありえないでしょ!?絶対わかるはずだろ。僕の側頭部の感触が腕に伝わっていないのか?当たってますよを伝えるため若干頭をグリグリしただろ!?それとも何か可愛いペットよろしくかまって欲しくて甘えてるとでも思ったか!


この状況に困惑しながらもなぜかこちらから頭をずらしたら負けを認めることになると思い、接地した状態で目的駅まで過ごすことになってしまった。

 

なんなら離れる間際は最初の時よりも接地面が広がってガッツリ密着していたかもしれない。両者一歩も譲らない状況がよりお互いの距離を縮める結果になってしまったんだろう。


しかしこれはやはり僕の負けだ。僕は屈辱を味わったが、おっさんはそんなこと微塵も感じてはないだろう。頭をずらせば負け、ずらさずしても負けるまさしく負け戦に巻き込まれてしまった。


電車を降りてから悔しさでどうすればよかったか考えてみた。こちらも同じことをすればいいのではないか?ちょうどおっさんの頭上にも空いてる吊り革があったのだ。それを僕が掴むことで相手に同じ状況を与えることが出来る。

 

しかしまて、周りからはどう見られてしまうだろう?お互いの腕を相手の頭にこすりつけ、それぞれの頭上の吊り革に腕を伸ばしクロスさせているおっさん二人。

これは非常にまずい、クソヤベー視覚体験を周りの乗客に与えてしまい、何とも言えない特異な空間を演出してしまう。ツイッター上にでも拡散されてはいけないと思い、この考えは断念することにした。


無念。

f:id:unogemn:20170206230649p:plain